家族の健康を守りたい

「スマートバスマット」誕生秘話

はじめまして。issin株式会社の程です。

私は、学生時代にpopInという会社を起業してから、ずっとITの世界に身を置いてきました。常に順調というわけではなく、ときには大変な苦労もしましたが、多くのお客様、投資家の皆さんに支えられて、ビジネスは大きく成長しました。

また、本業のソフトウェア開発とは別に、一からハードウェアを作るプロジェクトを実行。2018年には、照明一体化3in1プロジェクター「popIn Aladdin」を生み出し、ヒット商品に育て上げました。

 

そんな私の、次なる挑戦が「家族のヘルスケア」。

 皆さんが、健康を自分自身で管理できるようなサービスや商品を提供します。

第一弾は「スマートバスマット」。

 毎日のお風呂にあわせ、意識せずとも自然に体重を量れて、記録や管理もできる商品です。

 

 この開発ストーリーでは、スマートバスマットが生まれた背景や、開発者として私が商品に込めた想いをお伝えしていきます。

Part 1

ビジネスは順調! 体重も成長…?

突然ですが、皆さんは「体重」をチェックしていますか?

 

私はここ数年、とても忙しい日々をすごしてきました。

おかげさまでビジネスは大きく成長。2018年には自分の思いを込めた新しい家電製品「popIn Aladdin」を世に送り出すことができました。

でも、多忙にかまけて、自分の身体のことはほったらかし。

気づけば、会社で受けた健康診断で「F判定」、異常あり、という結果が……。

自分の若いころの写真と、当時の写真を見比べてみても一目瞭然。

かなり、ふっくらとしていました。

 「ベイマックス(※)みたいだね」

 

子供にはそんなふうにいわれてしまいました。そういえば、ベイマックスは、ケアロボットという設定。健康を守るロボットに似ているのに、不健康な身体とは、皮肉なものですね。

 

 さすがに私も「まずい!」と思いました。

 食事に気をつけ、運動量を増やし、体重を減らすように努力しました。すると、みるみるうちに体調がよくなっていきました。

 翌年の健康診断では、前の年にF判定だった部分もすっかり改善。見た目も、すっきりしたと評判です。「体重」を減らすだけで、注意すべき診断項目はすべてよくなりました。

 

 体重管理って、大切なのだな。

 私は、改めて気づいたのでした。

 

(※ベイマックス …2014年に公開されたディズニーの3DCGアニメーション映画。最愛の兄を謎の事故で亡くした少年がケアロボット「ベイマックス」と共に活躍するストーリー)

Part 2

体重は、いちばんわかりやすい「健康のバロメーター」

私の場合、「体重」を意識して減らすだけで、健康診断の数値は改善しました。

調べてみたところ、体重は、その人の健康状態を示す「一番わかりやすい指標」だとわかりました。お医者さんに聞いても、皆さん口を揃えて「体重に注意しなさい」と言います。

 

 皆さんも、実はわかっているはずです。「体重」をチェックすることが、とても大切だということを。世の中では、さまざまな体重計が販売されています。あなたの家にも、他の健康器具はなくても、体重計はきっとあるはず。

 

でも、体重をちゃんと管理できている人は、意外といません。

なぜでしょうか?

 

 そこで私は、調査会社と協力してアンケートを取ってみました。

 あなたが、体重計をふだん使わない理由はなんですか?

 

 答えは……。

 女性の第一位は「現実逃避したいから」。

 一方、男性の第一位は「めんどうくさいから」。

 

 これではいけない。一番大切な体重というデータを、みんなにちゃんと計測してもらうにはどうしたらいいのだろう。私は考えました。

 

「体重計に乗る手間や、記録する手間がはぶけるように、

 毎日のくらしの中で自然と量れたらどうだろう。

 しかも、体重の数字に一喜一憂しなくて済むようにできたら……」

 

カンタンに計測できて、記録も管理も自動。しかも、いちいち体重の「数字」を目にしなくて済む、スマートな体重計をつくりたい。

 

 ここから、私のまったく新しい体重計を作る試みが始まったのです。

Part 3.

実験を繰り返してわかった、理想の体重計とは?

「気のゆるみ」は、体重管理、ダイエットの天敵。

毎日きちんと体重計に乗ってチェックするだけで、あなたの身体は変わっていきます。体重を意識することが、まずは大切です。

 

 でも、体重計に毎日乗る人は、意外といないものです。

今の体重計のどこが問題なのだろう。そう考えた私は、30個もの体重計を買って、かたっぱしから試してみました。

オシャレなデザインのものもあれば、非常に高機能なものもありました。置き場所もいろいろ変えてみました。家から出入りするときに絶対通る「玄関」。寝る前に量るクセをつけるために「ベッドサイド」。家じゅうのあらゆる場所で実験しました。

 

 体重管理で注意すべきは、体重を量る「タイミング」。

 体重は、同じ人でも、一日の中で変動します。食事やトイレはもちろん、運動による発汗も影響します。体重管理のためには、できるだけ毎日同じタイミングで量るべきなのです。

 

 私は発見しました。毎日同じようなタイミングで行い、なおかつ体重を量るのに最適な「服を脱ぐ」とき……。そうだ、お風呂に入るときだ、と。

 

 「バスマット型体重計」の、アイディアが生まれた瞬間です。

 私はさっそく、自分で試作してみました。こうしてだんだんと、これまでにない、まったく新しい体重計の姿が見えてきました。

Part 4.

徹底的な「引き算」で作った、スマートバスマット

お風呂に入るとき、自然に乗れる「バスマット型体重計」。

私は、これを作るにあたって、徹底的に「引き算」していきました。

 

 世の中には、高機能な体重計がたくさんあります。でも、機能が豊富だからといって、毎日気軽につかえるわけではありません。

 高機能なのに使われない体重計より、機能はシンプルでも毎日使われるほうがいい。どんな立派な機械が家にあっても、毎日の体重すら、多くの人は管理できていないのです。

 

 そこで私は、余計な機能を削っていきました。

 体重を表示する液晶も、なくしました。――これは、体重計から逃げたくなる心理にも気を配った結果です。乗った瞬間体重が見える必要はないのですから。その他の通知も必要最小限に。

 

 一方で、バスマットとしての機能にはこだわりました。

 最近のバスマットといえば、吸水性バツグンの珪藻土が流行ですが、肌触りが硬いのと、定期的に削るなどの手入れが大変。そこで、珪藻土を練り込んだ、ソフトなさわり心地でなおかつ吸水性の高いマットを開発しました。

 

 体重管理のためには、スマートフォンと接続するのが一般的ですが、ここにもこだわっています。多くのスマート体重計で使われているのはBluetooth接続。これらは使う際に体重計とスマホを近づけ、毎回接続しなおす必要があります。

 そこで私はWi-Fi接続を採用。スマホと体重計の距離を意識することなく使えます。バスルーム近くの体重計に、寝室からアクセスしてデータを確認、なんていうことが気軽にできるようになりました。

 

 こうしてできあがったのが「スマートバスマット」です。

近日公開

大切なのは「体重の変化」。私の大きな後悔とは